ぬましんについて

ごあいさつ


理事長 紅野 正裕

 皆様方には、平素より沼津信用金庫をお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。

 さて、平成27年度の日本経済を振り返ると、アベノミクスの推進により年末頃までは円安・株高の進行もあって、輸出型の大企業を中心に景気は穏やかな回復傾向をたどりました。しかし年明けとともにそれまでの不安要因であった中国経済の減速、原油価格の急落が具現化し、さらにはアメリカの政策金利引き上げ予測、欧州の金融不安などから、一転して円高・株安の動きが強まり金融市場の混乱が続きました。このため日本銀行は1月29日に、2%の「物価安定の目標」の早期実現を目指して、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入を決定しました。その効果が浸透していく過程において金融機関の貸出金利競争の一段の激化、収益の悪化が懸念されております。このほか地方銀行等の業務提携・経営統合の進展、金融と情報技術を融合した新たな金融サービス「フィンテック」の普及、マイナンバー制度の導入など、新たな変化も生じてきています。

 この状況下、当金庫においては、政府による地方創生のための「地方版総合戦略」及び「一億総活躍社会」等を基本として、「地域経済の活性化・各種産業の振興」、「農(漁)商工連携・6次産業化の推進」、「少子高(幸)齢化への積極的対応」ならびに「防災(減災)・防犯対策強化・安心安全で住みよい街づくり」の実現に向け、官民一体、「産・官・学・金・労・言」及び地域間連携に尽力してまいります。

 平成28年度は金庫創立70周年(平成32年4月)に向けての基礎固めとして、非常に重要な一年となります。地域に根ざした金融機関として地域の活力を生み出し、地域企業・地域住民の描く未来、そして夢の実現に向け総力を挙げてサポートしていく所存です。

 今後も役職員一同、一層の努力を続けてまいりますので、更なるご支援、ご愛顧をお願い申し上げますとともに、皆様方の益々のご健勝を心からお祈り申し上げます。

インターネットバンキング
個人のお客さま
事業者のお客さま
  • でんさいネット
  • 投資信託
  • 金利一覧
  • 手数料一覧
  • 店舗・ATM