ぬましんブログ
浜の観音様 御開帳

 4月の12,13日、浜の観音さまとして沼津市民に親しまれている長谷寺の観音大曼荼羅が、例年通りご開帳されました。当寺は弘法大師空海が9世紀初めに開いたといわれる古刹です。

長谷寺入口

階段を昇ると、曼荼羅を拝するための3mほどの拝観台があり、大曼荼羅を拝むことができます。

観音大曼荼羅

往時は帆布として使われたというとおり、切れ目が入っています。
描かれているのはご本尊十一面福聚観音のお姿で、縦30m横13mという立派なものです。

観音のくぐり

観音様にお参りした後は曼荼羅の下をくぐって、本堂に参拝します。本堂の横を抜けると、千本浜公園で、露天商が広場に軒を並べています。

時間が早かったため、まだ人があまりいませんが、例年昼時には近所の人々や子供たちでいっぱいになります。

公園内では、葉桜になる直前の桜が花弁を散らしていて、明石海人の、季節にふさわしい歌碑が静かに置かれています。

「さくら花かつ散る今日の夕ぐれを幾世の底より鐘のなりくる」

:

さらに足を進めると、天気がよければ松と富士と云ういかにもといった風景を望むことができます。当日はあいにく霞がかかっていて、くっきりとは富士山が見えませんでした。

皆さんも、長谷寺から千本浜まで散策してみませんか。
観音様までは沼津駅から徒歩で20分、バスで5分ほどです。

  • ストリートギャラリー
インターネットバンキング
個人のお客さま
事業者のお客さま
  • でんさいネット
  • 投資信託
  • 金利一覧
  • 手数料一覧
  • 店舗・ATM