運用する・備える

投資信託商品のご案内

投資信託は、株式・債券、不動産等の値動きのある証券に投資するため、投資元金が保証されているものではありません。

海外債券型

ファンド名称特徴
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)
  • 世界主要先進国(OECD加盟国のうち、原則としてA格以上信用力の高い国)のソブリン債券(各国政府や政府機関が発行する債券の総称)に分散投資し、リスク分散を図ったうえで、長期的に安定した収益の確保と信託財産の成長を目指します。
  • 組入比率の調整によるほか、一時的に為替ヘッジを行う場合があります。
ニッセイ/パトナム・インカムオープン
  • 米ドル建の多種多様な債券(米国国債、モーゲージ証券、社債、ハイイールド債等)を投資対象とし、業種・銘柄を厳選、幅広く分散投資することで、長期的な収益の獲得を目指します。
  • 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
  • 1月、4月、7月、10月に分配方針に基づいて分配を行います。
ニッセイ高金利国債権ファンド(愛称:スリーポイント)
  • 信用力が高く、相対的に高金利の先進国の国債等に分散投資し、安定した配当等収益の確保および投資信託財産の長期的な成長を図ることを目指します。
  • 投資対象は、シティグループ世界国債インデックス(除く日本)に採用されているAA格相当以上の先進国とし、投資対象国は3ヵ国程度とします。
  • 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
DIAM高格付インカム・オープン(愛称:ハッピークローバー)
  • 高格付資源国の公社債へ投資します。主な投資対象国は、カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・ノルウェーです。
  • 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
しんきんアジア債券ファンド(毎月決算型)(愛称:アジアの恵み)
  • 主として「しんきんアジア債券マザーファンド」の受益証券への投資を通じ、新興国を含むアジア(日本を除く)の外貨建てソブリン債券および準ソブリン債券を投資対象とし、アジア各国・地域の債券に分散投資を行います。
  • シティグループアジア国債インデックス(ヘッジなし・円ベース)を参考として、投資環境、金利水準、流動性等を勘案して、ポートフォリオの構築を図ります。
  • 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

内外バランス型

ファンド名称特徴
しんきん3資産ファンド(毎月決算型)
  • 3つのマザーファンドと不動産投資信託を通じて、実質的に国内株式、海外債券、国内不動産投信という3つの異なる資産に分散投資します。
  • ファンドが実質的に保有する当該3資産の純資産総額に対する割合は、原則として、それぞれ33%(±10%)の範囲内とします。
  • 外貨建資産については原則として為替ヘッジを行いません。
しんきん世界アロケーションファンド(愛称:しんきんラップ(安定型))
  • 9つのマザーファンド(しんきん好配当利回り株マザーファンド、しんきん世界好配当利回り株マザーファンド、しんきん国内債券マザーファンドⅡ、しんきん米国ソブリン債マザーファンド、しんきん欧州ソブリン債マザーファンド、しんきん高格付外国債券マザーファンド、しんきんJリートマザーファンドⅡおよびしんきんグローバルリートマザーファンド、しんきん短期国内債券マザーファンド)を通じて、実質的に国内外株式、国内外債券、国内外不動産投信に加え、国内短期金融資産という7つの異なる資産に分散投資します。
  • 外貨建資産については原則として為替ヘッジを行いません。

海外株式型

ファンド名称特徴
しんきんアジアETF株式ファンド(愛称:情熱アジア大陸)
  • 主として「しんきんアジアETF株式マザーファンド」受益証券への投資を通じ、世界各国の金融商品取引所のETFを主要投資対象とし、アジア各国の現地通貨建株式への分散投資を行います。
  • 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
しんきん世界好配当利回り株ファンド(毎月決算型)
  • 実質的に日本を除く世界各国の配当利回りの高い企業の株式へ分散投資を行うことにより、安定した配当収益の獲得と投資信託財産の成長を目標とします。
  • 運用指図に関する権限は、シュローダー・インベスト・マネジメント・リミテッドに委託します。
  • なお、外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
三井住友・NYダウ・ジョーンズ・インデックスファンド(為替ノーヘッジ型)
(愛称:NYドリーム)
  • ダウ・ジョーンズ工業株価平均の構成銘柄を主要投資対象とし、NYダウ(円ベース)と連動する投資成果を目指して運用を行います。
  • なお、実質外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。

国内株式型

ファンド名称特徴
しんきんインデックスファンド225
  • わが国の株式市場の動きと長期成長をとらえることを目標に、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果の獲得を目指します。
しんきん好配当利回り株ファンド
  • 国内の株式を主要投資対象とします。
  • 配当利回りに着目した銘柄選択により、運用を行います。
トヨタグループ株式ファンド
  • 「トヨタグループ株式マザーファンド」への投資を通じ、トヨタ自動車およびそのグループ会社のうち、主として証券取引所一部上場している株式を実質的な投資対象として運用します。
  • トヨタ自動車株式の組入比率は全体の50%を上限とします。

国内不動産投資型

ファンド名称特徴
しんきんJリートオープン(毎月決算型)
  • わが国の金融商品取引所上場の不動産投資信託を実質的な投資対象とします。
  • 東証REIT指数をベンチマーク(運用の目標となる指標)とし、これを中長期的に上回る運用成果を目指して運用を行います。
しんきんJリートオープン(1年決算型)
  • わが国の金融商品取引所上場の不動産投資信託を実質的な投資対象とします。
  • 東証REIT指数をベンチマークとし、これを中長期的に上回る運用成果を目指して運用を行います。

海外不動産投資型

ファンド名称特徴

新光US-REITオープン(愛称:ゼウス)

  • 主として米国の取引所上場および店頭市場登録の不動産投資信託証券(US-REIT)に投資を行います。
  • US-REITに分散投資を行うことにより、市場平均よりも高い水準の配当収益の確保と長期的な値上がり益の獲得を目指した運用を行います。
  • なお、原則として為替ヘッジは行いません。

内外不動産投資型

ファンド名称特徴
三井住友・グローバル・リート・オープン(愛称:世界ビル紀行)
  • 日本を含む世界各国において上場されている不動産投資信託を実質的な投資対象とします。
  • 安定的かつ相対的に高い配当収益の確保を目指すために、賃貸事業収入比率の高い銘柄を中心に分散投資します。
  • 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

つみたてNISA専用商品

専用商品の選定理由

以下の観点からお客さまの長期的な資産形成に適した商品であると判断しました。

  1. 日本及び海外の株式市場の代表的な指数(インデックス)に連動することを目指すため、値動きがわかりやすく投資初心者のお客さまにも適した商品性であること。
  2. 他社類似ファンドとの比較において、信託報酬率がおおむね業界最低水準であること。

国内株式型

ファンド名称特徴
たわらノーロード
日経225
  • 日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指して運用を行います。

内外バランス型

ファンド名称特徴
たわらノーロード
バランス(8資産均等型)
  • 主としてマザーファンドへの投資を通じて、実質的に国内外の株式、公社債および不動産投資信託証券に投資します。
  • 各マザーファンドへの投資を通じた各資産クラスの配分比率は、均等とすることを目標とします。時価変動等により、資産配分比率が均等比率から一定以上乖離した場合にはリバランスすることとします。
  • マザーファンドの組入比率は、原則として高位を維持します。
  • 実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジは行いません。

海外株式型

ファンド名称特徴
たわらノーロード
先進国株式
  • MSCIコクサイ・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)の動きに連動する投資成果を目指して運用を行います。

※MSCIコクサイ・インデックスとは、米国のモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社が提供するグローバル投資の際の最も有名なインデックス。先進国を対象。

たわらノーロード
新興国株式
  • MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)の動きを概ね捉える投資成果を目指して運用を行います。

※MSCIエマージング・マーケット・インデックスとは、米国のモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社が提供するグローバル投資の際の最も有名なインデックス。新興国を対象。

新規取扱停止商品

取扱投資信託の見直しに伴い、以下の商品につきましては、原則、新規販売を停止しております。
なお、すでに当該商品を当金庫でご購入された方への情報提供や換金のお手続き、すでに当該商品を当金庫で購入された方の追加買付、すでに定時定額購入のお申込をされている方の買付については、今後も引続き対応させていただいております。
詳しくは窓口までお問い合せください。

ファンド名称特徴
しんきん国内債券ファンド
  • ファミリーファンド方式によりわが国の公社債を主要投資対象とし、安定した収益の確保および投資信託財産の着実な成長を目指して運用を行います。
ドルマネーファンド
  • 高格付の米ドル建の短期国債、政府機関債、短期金融商品等を主要投資対象とし、収益の獲得を目指します。
  • 外貨建資産については、為替ヘッジを行いません。
しんきん海外ソブリン債セレクション(欧州ソブリン債)
  • EMU(欧州経済通貨同盟)参加国のソブリン債を実質的な主要投資対象とします。
  • 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
しんきん海外ソブリン債セレクション(米国ソブリン債)
  • 米国のソブリン債を実質的な主要投資対象とします。
  • 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
しんきん海外ソブリン債セレクション(欧米ソブリン債)
  • EMU参加国および米国のソブリン債を実質的な主要投資対象とし、EMU参加国と米国に約50%ずつ投資します。
  • 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
MHAMスリーウェイオープン
  • 国内の株式・公社債・短期金融商品を主要投資対象とします。3資産の資産配分を機動的に変更し、安定的な資産の成長を目指します。なお、株式の実質組入比率は最大30%とします。
ユナイテッド・マルチ・マネージャーファンド1(愛称:フルーツ王国)
  • 指定投資信託証券への投資を通じて、実質的に日本を含む世界各国の株式、債券および為替取引ならびにこれらに関連する派生商品(先物取引およびオプション取引等)に積極的に分散投資を行うことにより、リスクを軽減しつつ信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指します。
  • 当ファンドは、投資信託証券を主要投資対象とするファンド・オブ・ファンズ方式により運用を行います。
明治安田グローバルバランスオープン(愛称:五穀豊穣)
  • 国内株式、国内債券、海外株式、海外債券を投資対象とします。資産配分をアクティブに変更し、資産配分と個別資産の運用の両面で安定的な収益の獲得を目指します。
しんきんトピックスオープン
  • わが国の株式市場の全体の動きをとらえることを目標に、東証株価指数(TOPIX)の動きに連動する運用成果を目指します。
ノムラ・ジャパン・オープン
  • わが国の株式を実質的な主要投資対象とし、信託財産の成長を目標に積極的な運用を行うことを基本とします。
  • TOPIX(東証株価指数)をベンチマークとします。
  • ボトムアップ・アプローチをベースとしたアクティブ運用を行います。
日興ジャパンオープン(愛称:ジパング)
  • 国内の株式を主要投資対象とします。
  • ボトムアップアプローチをベースとしたアクティブ運用を行い、TOPIXを上回る投資成果を目指します。
ダイワ・バリュー株・オープン(愛称:底力)
  • 国内の株式を実質的な主要投資対象とします。
  • 株価の割安性をベースとした銘柄選定を行い、アクティブに運用し、TOPIXを上回る投資成果を目指します。
ニッセイ/パトナム・毎月分配インカムオープン
  • 米ドル建の多種多様な債券(米国国債、モーゲージ証券、社債、ハイイールド債等)を投資対象とし、業種・銘柄を厳選、幅広く分散投資することで、長期的な収益の獲得を目指します。
  • 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
  • 毎月、分配方針に基づいて分配を行います。
グローバル・ソブリン・オープン(資産成長型)(愛称:グロソブN)
  • 世界主要先進国(OECD加盟国のうち、原則としてA格以上の信用力の高い国)のソブリン債券に分散投資し、リスク分散を図ったうえで、長期的に安定した収益の確保と財産信託の成長を目指します。
    • 組入比率の調整によるほか、一時的に為替ヘッジを行う場合があります。
    • 信託財産の十分な成長に資することに配慮し、収益の分配を行わないことがあります。
DIAM高格付インカム・オープン(1年決算コース)(愛称:ハッピークローバー1年)
  • 高格付資源国の公社債へ投資します。主な投資対象国は、カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・ノルウェーです。
    • 外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジは行いません。
損保ジャパン・グリーン・オープン(愛称:ぶなの森)
  • 国内の株式を主要投資対象とします。
    • 環境問題への取組状況と投資価値の両面から企業を分析し、銘柄選択を行います。
    • TOPIX(東証株価指数)をベンチマーク(運用の目標となる指標)とし、これを中長期的に上回る投資成果を目指します。
三井住友・グローバル・リート・オープン(1年決算型)(愛称:世界の大家さん(1年決算型))
  • 日本を含む世界各国において上場されている不動産投資信託を実質的な投資対象とします。
    • 安定的かつ相対的に高い配当収益の確保を目指すために、賃貸事業収入比率の高い銘柄を中心に分散投資します。
    • 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
  • 購入申込期間終了商品
ファンド名称特徴
しんきん復興支援育英ファンド(限定追加型)(愛称:こどもの未来)
  • 当ファンドへの投資を通じて、被災地域の復興および今回の震災で遺児となった子供達への支援を目的とします。
  • 国内債券と国内株式を主要投資対象とし、基本的な投資比率は、国内債券75%程度、国内株式25%程度とします。また、国内債券は国債・地方債・政府関係機関債を主要投資対象とし、国内株式は被災地域における震災からの復興や今後の日本の復活などをテーマとする定性判断および業種分散なども加味して、銘柄を決定します。
  • なお、当ファンドは平成24年7月25日をもって購入申込の受付を終了しました。
インターネットバンキング
個人のお客さま
事業者のお客さま
  • でんさいネット
  • 投資信託
  • 金利一覧
  • 手数料一覧
  • 店舗・ATM