ストリートギャラリー

北澤映月展

平成29年5月29日~6月30日

第352回沼津信用金庫ストリートギャラリー企画展

北 澤 映 月 作 品 展

─ その思いと軌跡 ─

2017年5月29日(月)~6月30日(金)

情感のゆらめきと清澄なる世界
北澤映月は明治40年京都に生まれ、16歳で上村松園に、25歳で土田麦僊に師事し生涯画家として修養に努めました。
昭和13年麦僊亡きあとは院展を発表の場とし、昭和16年には小倉遊亀に次ぐ院展2人目の女性同人となっております。
江戸期の女性風俗、戦後は時代と共に変化する女達を、昭和35年東京転居後は歴史、文学に登場する女性を主題に、格調と品性を具えた映月様式とでも言うべき独自の世界を築き上げ、その代表作は国公立の美術館に収蔵されています。
生誕110年の今年、北澤映月を偲び、院展出品作を中心に、代表作の下図、素描、関係資料などを併せ、画業を回顧致します。

■北澤映月 略歴

1907 京都市下京区で生まれる
1923 上村松園の元で日本画の修業を始め、桜園の雅号をもらう
1932 土田麦僊に師事し、映月の雅号をもらう
1935 第1回京都市展に≪娘≫が初入選
1936 改組第1回帝展に≪祇園会≫が初入選
1938 第25回院展に≪朝≫が初入選
1941 第28回院展に≪静日≫を出品。日本美術院賞を受け、同人に推挙される
1953 日本橋丸善、京都大丸にて個展を開催
1960 東京都大田区へ転居
1961 日本美術院評議員になる。世田谷区へ転居
1970 第55回院展に出品した≪ねねと茶々≫で内閣総理大臣賞を受賞
1975 上野松坂屋にて大石隆子と二人展を開催
1978 大腿骨と右手首を骨折
1980 第65回院展に≪朱と黒と≫を出品。文部大臣賞を受賞
1987 傘寿を記念して銀座三越にて個展を開催
1990 肺炎のため死去。享年82歳。勲四等瑞宝章受章

loading

ぬましんストリートギャラリー

沼津駅南口より徒歩5分
夜10時までライトアップ

【お問い合わせ】
沼津信用金庫 担当:溝渕
〒410-8610 沼津市大手町5-6-16
TEL:055-962-5200
FAX:055-951-4814

  • キャンペーン・おすすめ情報
  • ストリートギャラリー
  • ローンシュミレーション
  • ぬましんブログ
インターネットバンキング
個人のお客さま
事業者のお客さま
  • でんさいネット
  • 投資信託
  • 金利一覧
  • 手数料一覧
  • 店舗・ATM