ぬましんについて

ごあいさつ


理事長 紅野 正裕

 皆さま方には、平素より沼津信用金庫をお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。
 昨年度は、「平成」から「令和」への改元という節目の年度であったとともに、当金庫においては、2020年度の金庫創立70周年に向けて様々な事業に取り組んだ年にもなりました。

 具体的には、静岡県東部に本店を置く4信用金庫における「共同SDGs宣言」や、沼津市との「災害時における支援協力に関する協定」の締結のほか、旧駅北支店ビルを起業家の活動拠点となるまちづくりプラットフォーム「ぬましんCOMPASS」に改装して、中心市街地活性化を図る目的で行った沼津市との連携事業によるIT企業誘致などが挙げられます。

 2019年度の地域経済を振り返りますと、増税や暖冬の影響により個人消費や企業の設備投資マインドが弱含みで推移しておりましたが、第4四半期以降の新型コロナウイルス感染症の流行拡大により、年度末にかけて景況感は急速に落ち込みました。
 世界的な人的移動の制限や経済活動の停滞により、訪日外国人観光客によるインバウンド消費の大幅な減少とともに、卸小売業における売上低迷や企業の生産活動の縮小など幅広い分野へ影響が及んでおります。
 事業総額で過去最大規模の経済対策が決定されましたが、特に個人消費、輸出、生産、企業収益、雇用情勢などの指標が下方修正されており、先行きの厳しい状況が続くものと考えております。我が国における感染拡大のペースが鈍化しても、新型コロナウイルス発生前の経済活動水準に回復するまでには相当の時間を要する見通しです。
 当金庫の主要取引先である中小企業・個人事業主のお客さまの事業活動や地域経済への影響の拡大が懸念されていることから、信用金庫としての役割がより一層求められている状況であります。

 おかげさまで2020年4月に沼津信用金庫は創立70 周年を迎えることができました。これもひとえに皆さまのお力添えの賜物と深く感謝しております。改めてお客さま本位の良質な金融サービスの提供を推し進め、地域金融機関としての社会的使命であります地域の持続的成長発展と豊かな社会づくりのために、地域社会と地域経済の未来を担う人材と組織体制の構築を目指してまいります。

 今後も役職員一同努力してまいりますので、更なるご支援とご愛顧をお願い申し上げますとともに、皆さまの益々のご健勝を心からお祈り申し上げます。

インターネットバンキング
個人のお客さま
事業者のお客さま
  • でんさいネット
  • 投資信託
  • 金利一覧
  • 手数料一覧
  • 店舗・ATM