ぬましんについて

一般事業主行動計画

当金庫 「一般事業主行動計画策定」の概要

沼津信用金庫は、「男女職員の仕事と生活の両立を応援すること」を一つの使命として全職員が安心して仕事に取り組める職場環境の整備に努めてきました。
平成28年度からは「女性活躍推進法」に基づき、男女の性別や世代の違い・働き方や雇用形態の多様性を受容し、さらに魅力溢れる人材の育成に努めていきます。

 

期間 令和3年4月1日~令和6年3月31日までの3年間

目標、対策・取り組み内容および実施時期

【次世代育成支援対策推進法】

職員が仕事と育児・介護を両立させることができ、職員全体が働きやすい職場風土をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定します。

目標1:有期契約労働者を含む全職員の年次有給休暇の取得日数を1人当たり平均年間12日以上とする。

<対策>
・令和3年度~ 各店各部署の年次有給休暇の取得状況を把握し全職員に見える化する。
・令和3年度~ 「アニバーサリー休暇」など全職員が対象となる有給休暇制度を活用し取得を推進する。
・令和3年度~ 職場内のイントラネットを活用し取得推進を喚起する。
・令和3年度~ 「イクボス宣言」を管理職が実施し、有給休暇等の制度を利用しやすい組織風土を構築し、ワークライフバランスの実現に取り組む。

目標2:地域における子ども・子育てに関する地域貢献活動に積極的に参加する職員を応援する。

<対策>
・令和3年度~ 職場での職員同士のコミュニケーションを大切にし、お互いのライフワークを応援する組織風土を構築する。
・令和3年度~ 地域の子ども・子育てに関する地域貢献活動に携わる職員を、庫内報などで紹介し、応援する。
・令和3年度~ 地域活性化のイベントに参加する。
・令和3年度~ インターンシップや金融教育など積極的に実施する。
・令和3年度~ 地域の子どもたちの安全を見守る活動を実施する。

【女性活躍推進法】

女性がさらにやりがいを感じ、活躍できる雇用環境の整備を行い、全ての職員がその能力を十分に発揮できるよう、次のように行動計画を策定する。

目標1:ジョブローテーション制度を継続的に実施し、今までおもに男性が担っていた部門に積極的に女性を登用する。


<取組内容>
・令和3年度~ ジョブローテーション制度を若手職員へ周知し、各係を経験しキャリアを積むことにより男女関わらず幅広い分野で活躍できる人財を育成する。
・令和3年度~ 女性の登用が少ない部署へ、チャレンジする職員を研修やOJTで支援する。

目標2:男性職員の育児のための特別有休の100%取得継続と、育児休業を取得しやすい職場環境を整備する。


<取組内容>
・令和3年度~ 出生届の提出があった男性職員に人事部より直接取得推進を行う。また、育児休業制度について個別に説明を行う。
・令和3年度~ 利用可能な制度について庫内イントラネットを活用し幅広く全職員に周知し続け、必要な時に必要な職員が利用できる職場風土を整備する。

令和2年度実績データ

採用に関する状況

競争倍率:女性 2.1倍 男性 2.7倍

時間外労働及び休日労働に関する状況

正社員 6.8時間/月

管理職に関する状況

女性 4名
管理女性職割合 6.5%

 

令和元年度活動実績

育児短時間勤務制度

育児短時間制度の対象となる子の年齢を生後3年未満の子から小学校3年生修了前までの子を対象とし延長、短縮時間を2時間を超えない範囲で30分単位から15分単位での取得が可能と柔軟化

介護短時間勤務制度

短縮時間を2時間を超えない範囲で30分単位から15分単位の取得が可能と柔軟化

子の介護のための休暇

特に男性職員の育児休暇取得推進のため、年次有給休暇とは別に、小学校就学の始期に達するまでの子を養育する職員は、子が1人の場合は1年間につき5日、2人以上の場合は1年間に10日を限度として、子の介護のための休暇を取得することができ、無給から有給扱いとしました。

介護休暇

要介護状態にある家族を介護する職員は、1人の場合は1年間につき5日、2人以上の場合は1年間に10日を限度として、介護休暇を取得することができ、無給から有給扱いとしました。

アニバーサリー休暇の制定

職員、家族の記念日に休暇を与えることにより職員の「心身のリフレッシュ」と「ワークバランス」に役立ててます。

イクボス宣言

全管理職が、部下育成のため「イクボス宣言」を実施

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置について

新型コロナウイルス感染症に関する措置として、医師等から「休業」を含む指導を受けた場合、有休の特別休暇を申請することができます。(R4.1月まで)

ノー残業デーの実施

毎週水曜日は、金庫全体で定時退庫の日を実施しています。

活動内容

【ダイバーシティ促進】

  • 女性があらゆる場面で活躍できる環境整備と能力開発による職務範囲の拡大を図ることで男女差のない業務機会の提供により組織を活性化させています。
  • パート・契約職員等雇用形態に拘らず各個人の個性や保有能力を最大限に生かせる仕事や業務を担える人事政策や配置転換と身分変更を促進しています。
  • 定年再雇用後においてモチベーションを保ちながら経験に基づいたスキルや技術を円滑に伝承できる職場環境と人事制度を整備しています。

【ワークライフバランス浸透】

  • 職員とその家族の生活の安心と心の安定を人事施策の基本に置いています。
  • 産休や育児休暇中も職場復帰に不安の生じないよう電子媒体による金庫情報の提供や同環境の職員相互による近況報告会等を実施しています。
  • 定時退庫の推奨と最終退庫時間早期化について人事部による指導を徹底しています。
  • 「ワークライフバランス賞」を制定し適正な勤務時間を達成できた店舗を表彰しています。

【各種委員会の設置と活動】

  • 「女性活躍推進委員会」は27年度より発足し、女性職員の活躍が男性職員のモチベーションを上げ金庫組織全体の活性化につながるという理念のもと、メンバーによる活発な意見交換により課題や障壁を解決するとともに、近隣金融機関との情報交換会等に参加して他の職場の状況を把握して当金庫の女性活躍推進の施策に生かしていくこととしています。
  • 「職場環境活性化委員会」は29年度より発足し、人事制度の運用や職場環境の問題点及びダイバーシティとライフワークバランス促進上の課題等多角的に広く意見交換を図り、明るく働きやすい職場環境の構築を図ることとしています。

【若年層職員の活躍推進】

  • ここ数年毎年20名以上の新入職員が入庫しています。令和3年4月にも42名の新人が各職場において活躍を始めています。現在入庫5年以下の職員数は100名となっており金庫全体の約25%を占めています。今年度においても20名以上の新卒採用を計画しており、ますます若いパワーが当金庫の組織の中で増大していきます。こうした中で人事制度の重要課題として人材育成を掲げ、将来の当金庫を支える若い職員たちの成長を、業務面・教育面・メンタル面等総合的に組織的に支援していくこととしています。
インターネットバンキング
個人のお客さま
事業者のお客さま
  • でんさいネット
  • 投資信託
  • 金利一覧
  • 手数料一覧
  • 店舗・ATM